教員・研究員一覧

  • 植阪 友理

植阪 友理 (UESAKA yuri)
入試企画部門 准教授

略歴

2010年 「博士(教育学)」(東京大学)学位取得
2011年-2014年 東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化センター助教
2014年-2019年 東京大学大学院教育学研究科教育心理学コース助教
2019年 東京大学高大接続研究開発センター入試企画部門准教授

受賞
2016年7月 第2回サクセス保育・幼児教育研究懸賞論文優秀論文賞
2015年10月 テスト学会より日本テスト学会大会発表賞
2014年8月 The International Conference on the Theory and Application of Diagrams 最優秀論文賞受賞
2011年11月 日本認知科学会 大会発表賞受賞
2011年7月 日本教育心理学会 城戸奨励賞受賞
2009年9月 日本認知科学会 大会発表賞受賞
2008年3月 東京大学「第19回総長賞」(学業優秀部門)受賞
2006年6月 The International Conference on the Theory and Application of Diagrams 最優秀論文賞(学生部門)受賞

 

研究内容紹介

書籍(単著および編著)
植阪友理『数学的問題解決における図表活用の支援―理論と実践を結ぶ「REALアプローチ」の展開』風間書房,2014 年。
Manalo,E.,Uesaka,Y.,& Chinn,C.『Promoting Spontaneous Use of Learning and Reasoning Strategies: Theory, Research, and Practice for Effective Transfer』Routledge,2017 年。
Jamnik. M., Uesaka, Y., & Schwartz, E, S. 『Diagrammatic Representation and Inference. Lecture Notes in Artificial Intelligence. Vol. 9781』Springer,2016 年。
市川伸一・植阪友理『教えて考えさせる授業小学校-深い学びとメタ認知を促す授業プラン-』図書文化,2016 年。

代表的学術雑誌論文
植阪友理 学習方略は教科間でいかに転移するか-「教訓帰納」の自発的な利用を促す事例研究から-『教育心理学研究』58(1),80-94頁,2010 年。

植阪友理・光嶋昭善 創作と鑑賞の一体化を取り入れた俳句指導―国語における新たな単元構成の提案『教育心理学研究』61,398-411 頁,2013 年。

Uesaka, Y., Fukaya, T., & Ichikawa, S.  Strategies for achieving deep understanding and improving learning skills: New approaches to instruction and lesson study in Japanese schools. In M. C. Yip (Ed.). Cognition, metacognition and academic performance:An east Asian perspective. Routledge.101-121頁,2017年。

Uesaka, Y., Manalo, E., & Ichikawa, S. What kinds of perceptions and daily learning behaviors promote students’ use of diagrams in mathematical problem solving? Learning and Instruction, 17,322-335 頁,2007 年。

Uesaka, Y., Manalo, E., & Ichikawa, S. The effects of perception of efficacy and diagram construction skills on students’ spontaneous use of diagrams when solving math word problems. A.K. Goel, M.Jamnik, and N.H. Narayanan(Eds.):Diagrammatic Representation and Inference. Lecture Notes in Artificial Intelligence(LNAI). Vol.6170,197-211頁, 2010 年。

Uesaka, Y., & Manalo, E. Task-related Factors that Influence the Spontaneous Use of Diagrams in Math Word Problems. Applied Cognitive Psychology.2011年。

植阪友理・鈴木雅之・清河幸子・瀬尾美紀子・市川伸一 構成要素型テストCOMPASSに見る数学的基礎学力の実態 ― 「基礎基本は良好,活用に課題」は本当か― 『日本教育工学会論文』, 37, 397-417頁,2014年。

※業績や活動の詳細は個人ホームページ http://home.att.ne.jp/blue/yuriuesaka/top.html をご参照ください

書籍・執筆
  •                                                                             教えて考えさせる授業小学校-深い学びとメタ認知を促す授業プラン-

    教えて考えさせる授業小学校-深い学びとメタ認知を促す授業プラン-

    著者
    市川伸一・植阪友理(編著)
    発売日
    2016年09月01日
    出版社
    図書文化
    ISBN
    9784810066807
  • Promoting Spontaneous Use of Learning and Reasoning Strategies: Theory, Research, and Practice for Effective Transfer

    Promoting Spontaneous Use of Learning and Reasoning Strategies: Theory, Research, and Practice for Effective Transfer

    著者
    Manalo,E.,Uesaka,Y.,& Chinn,C.
    発売日
    2017年10月02日
    出版社
    Routledge
    ISBN
    9781138680630
  • 数学的問題解決における図表活用の支援-理論と実践を結ぶ「REALアプローチ」の展開

    数学的問題解決における図表活用の支援-理論と実践を結ぶ「REALアプローチ」の展開

    著者
    植阪友理
    発売日
    2014年02月25日
    出版社
    風間書房
    ISBN
    9784759920246
植阪 友理の関連記事
  • 関連記事はありません。