研究部門

入試企画部門

入試企画部門 オックスフォード大学訪問調査にてCharlotte Isaacs 氏(Student Recruitment Officer, Undergraduate admissions and outreach)と

入試企画部門

入試企画部門

入試企画部門 オックスフォード大学訪問調査にてCharlotte Isaacs 氏(Student Recruitment Officer, Undergraduate admissions and outreach)と

ご挨拶

東京大学の学部教育では、3つの基礎力(自ら原理に立ち戻って考える力、粘り強く考え続ける力、そして自ら新しい発想を生み出す力)の涵養とともに、世界の多様な人々と共に生き、働くための国際感覚の鍛錬に力を入れています。
そしてこうしたビジョンの実現につ ながる入学者選抜方法を企画するために創設されたのが、東京大学高大接続研究開発センター入試企画部門です。

こうした経緯から、本部門ではなにより「本学入試企画に資する調査研究」を大きな柱にした活動をしています。

東京大学では(1)一般入試、(2)推薦入試、(3)特別選考、と いう3つの入学者選抜試験を行っており、いずれも本学教員が熟慮を重ねた適切な選抜を 実施しているところではありますが、同時並行的に様々な観点からそのあり方を吟味していく必要があることはいうまでもありません。
入試企画部門では、そのためのエビデンスを蓄積しており、たとえば平成 29 年度は、推薦入試入学者へのインタビュー調査やオックス フォード大学への訪問調査など、推薦入試に焦点をあてた検討を試みました。加えて本部門では、学生の多様性拡大を意識した「高校関係者への広報」にも積極的に取り組んでいます。
本学の魅力がどこにあるのか、高校生の目線に合わせた情報発信を目指し、出張講演なども行っています。また、高校生を主なターゲットにしたホームページの開設準備も開始しているところです。

昨今、高大接続改革の一環として、大学入学者選抜方法の見直しが求められるようになっていますが、本部門では、こうした流れをリードするような調査研究を推進していきたいと考えています。
皆様には今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

研究実績/活動報告

  • 東京大学高大接続研究開発センター入試企画部門(2017)
    平成 28 年度 東京大学推薦入試入学者インタビュー調査報告回答事例集
  • 東京大学高大接続研究開発センター入試企画部門(2018)
    東京大学入学者選抜方法に関する調査報告書――推薦入試に着目して